2018年11月24日土曜日

「making」展のおしらせ






ananas pressmaking

2018128日[土]— 1224 日[月]
12:00 — 19:00(月曜定休・24日は営業)

10年目のananas pressのテーマは、「つくること」。
あたまをひねり手をうごかして、あたらしい本『making』をつくります。
つくったものと、「つくる」にまつわるいろいろなものを展示します。

【都筑晶絵 製本ワークショップ】「フラッグブックを作ろう」 
日 時:129日[日] 13:00-15:00 / 16:00-18:00
参加費:2,700円(材料費・1ドリンク付き)
定 員:各回6名(予約優先)

在廊日|都筑:128日[土]・9日[日]/山元:会期中の土日(14時以降)

 + + + + +

いま、ひっしでつくっています。そういえば、いつもいつも、こんなふうにひっしだったな、といろいろ、おもいだしました。でも、たのしいです。
ぜひ、みにきていただけたら。

 + + + + +

さて、先日のかまくらブックフェスタ in京都では、ありがとうございました。
本屋さんで開催ということで、いつもとちょっとちがった雰囲気で、でも、鎌倉とおなじように、あたたかで、したしい空気を感じました。
真摯に、いい本をつくっておられる版元のみなさまと一緒にいられて、ヒロイヨミ社も、ささやかながら、またがんばろうと思いました。このような、ささやかなかたちでしかできないことが、あるのではないかと……そういうことに、じぶんはじぶんの何かを賭してみたいのではないかと……いろいろな思いが交錯するなかで、しだいに、そう思うようになりました。
 ヒロイヨミ社も11年、ananas pressも10年になります。つづけていなければ知りあえていなかったひとの顔が、ときどき、うかんでは消えます。

 『ほんほん蒸気』の4号も、たくさんの方に手にとっていただけて、うれしかったです! みなさま、どうもありがとうございました。都合により、しばらく生産と販売をお休みしまして、また12月10日ごろから、動きます。読んでくださっている方、お店に置いてくださっている方には、お待たせして申し訳ないのですが、ひきつづき、どうぞよろしくお願いいたします。




2018年10月22日月曜日

かまくらブックフェスタ in 京都


 今年もかまくらブックフェスタに参加します。「北と南とヒロイヨミ」です。『ほんほん蒸気』の4号目を制作中です。この機会に品切れだった3号も増刷の予定です。
 今回は京都で開催ということで、関西にお住まいのかた、どうぞよろしくお願いします。ひさしぶりの京都、とてもたのしみです。 


第8回 かまくらブックフェスタ in 京都

会期=2018年11月17日(土)〜18日(日)
会場=恵文社一乗寺店 コテージ
出展=牛若丸、ecrit(エクリ)、北と南とヒロイヨミ、共和国、群像社、タバブックス、トムズボックス、編集工房ノア+ぽかん編集室、りいぶる・とふん、港の人

 詳細は、ブックフェスタのHPをごらんください。

    + + + + +

 ananas pressも活動しています。愛知県大府市で開催中のArt Obulist 2018「見るなの座敷」の一室で、これまでつくった本が見られます。和室で展示ははじめてで、新鮮でした。本がちがったふうに見えました。なんというか、したしいもののべつの顔をみたような……。ぜひ、さわったりめくったり、してみてください。






 


2018年5月12日土曜日

エア メイル





ananas press「エア メイル」

日時|2018年6月1日(金)― 6月6日(水) 12:00―19:00 
会場|colonbooks(名古屋) 

昨年、香港ブックアートフェスティバルで発表した『Letters from Reiko 1975–1984』を中心に、「手紙」にまつわる新作を展示します。
製本作家の都筑晶絵さんとananas press(アナナプレス)を始めてから10年になりますが、今回、新しい「本」をつくりながら、手紙・文字・本に惹かれてきた理由、その魅力の本質のようなものが、ようやくわかってきたような……、そんな気がしています。手紙のもつ、ふしぎななまなましさ。書かれた文字が伝える、本人の声と所作。言葉の遠さと近さということ。この展示そのものが、見にきてくださる方と、Reikoさんへの、ananas pressからの手紙になればと思います。
コロンブックスの空間に『Letters from Reiko 1975–1984』を置いてみたくて、名古屋での開催になりました。
どうぞ見にいらしてください。


 + + + + +


ananas pressの友人Anna Gleesonの展示もまもなく開催です。
Annaとは『colour full』という本を作っていっしょに活版凸凹フェスタに参加したり、TABF(2009、2010)に出たり、2014年には『Circle』にも参加してもらいました。近頃は“nude calendar” を毎年つくっているアナのDRESS、おもしろそうなのでおすすめします。HATOBAはSTOREの2階で、コーヒーも飲めて素敵な場所です。




Anna Gleeson「DRESS」

日時|2018年5月18日(金) ―5月27日(日) 11:00―18:00 月・火休み
会場|HATOBA(西荻窪)




(ananas pressとAnna 2010年のTABF『@YOU MORE BOOK』)

2018年3月11日日曜日

ことばのこと




ことばを集め、刷りはじめて、11年がたちました。
最初はプリントゴッコで、今では小さな活版印刷機を使って。
活字を組み、インキを練り、紙に触れ、順を追って作業を進めて印刷して、刷ったことばに見入っていると、何となしに、ひとつのできごとをつくっているような気がしました。

那覇の言事堂で、これまでに制作した本や、刷ったことばを展示します。見たり読んだり、さわったりめくったりして、自由にたのしんでもらえたら、うれしいです。

沖縄にいくのは、2012年の「活版とことば」展以来、6年ぶりです。あれからさまざまな変化がありましたが、こうしてヒロイヨミ社をつづけています、と、誰にともなく報告したい気持ちです。

 + + + + + 

ヒロイヨミ社「ことばのこと」

2018.3.20(火)—  4.1(日)
会場:古書の店 言事堂2階ギャラリー
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-21-1
火-金 11:00—18:00 土・日 19:00まで
※会期中3.26(月)、27(火)はお休み

「言葉の朗読会」 3.21(水・祝)19:00
定員5名(要予約) 入場無料
言事堂 2階ギャラリーにて
*当日、朗読したい本などをお持ち下さい。
*飲み物は会場にて販売いたします。 ビール/珈琲/紅茶etc…

予約・お問い合わせ 言事堂 tel/fax 098-864-0315
info(a)books-cotocoto.com ((a)を@に置き換えて下さい。)
http://www.books-cotocoto.com